HOME | MESSAGE | MESSAGE

向こう30年も鮮度のある建築

幸せを想像する設計、予感を実感にする監理。

本質はいつだって新しい
それを大切に設計する

わたしたちがつくりたいのは、
新奇性や話題性だけのものでも、
単なるハコモノでもありません。
理想を後回しにしない日常に寄り添った建築です。

人の大切にしていることが日常にあるか。それが本質です。
その本質は普遍的ゆえ、いつだって新しく
日常に醸し出すように大切に設計することが
わたしたちの仕事です。

対話や観察で暮らしや環境のポテンシャルを見つけていく。
それを建築にどう活かしていくかを設計する。

他人に理解できなくても、大切にしている本質があればいい。
素直、普通、平凡を恐れない。無難でも、奇抜でもない、等身大のデザイン。
その建築は幸せに一歩近づくきっかけになる。

これまで無意識だったことが心地よく感じるような
普段の生活に新しさが日々加わるように建築があと押しする。
それが幸せにする建築だと思う。

いま、これからを、等身大で成長していける
幸せにする建築を考え続けています。