南 啓史

Architect/一級建築士

1976年京都市生まれ。一級建築士。大阪工業大学大学院工学研究科修了後、共同設計株式会社。大阪工業大学、京都造形芸術大学非常勤講師歴任。現在、和歌山大学大学院システム工学研究科・博士後期課程在籍。「無難でもなく、奇抜でもない、等身大のデザイン」をモットーに新しい日常の提案と具現化を心がけ、建築・インテリアの設計監理をはじめ、住宅設備メーカーのカタログ用写真の空間コーディネートや実施設計図の制作監修などに携わってます。2012年愛知建築士会名古屋北支部 第3回 建築コンクール佳作、第29回住まいのリフォームコンクール優秀賞。


理想を後回しにせずに建築デザインに取り組む「試み」

クリエイティブサロン Vol.77/メビック扇町

 
団塊Jr世代デザイナーのあしたのための小さな試み
時代とともに日々変容する依頼について建築の考え方を軸にして模索しながらデザインしてきました。そのような仕事の一方で、理想を後回しにせずに取り組む仕事はどのようなものかを考え始めました。自邸の設計を手始めに最近では大学院での研究再開といった些細ではあるけれどいろいろな試みを積み重ねています。40歳を前にしてさまざまな経験や言葉を手がかりに「あしたのために」刷新する等身大のデザインについてお伝えさせていただきました。
http://www.mebic.com/report/5202.html

 

建築における「強さ」を考える

某社インタビュー記事(サイト移動のため当所にて再編集の上掲載)

 
自邸・SOHO「谷六の家」にて、建築についての魅力を語っています。
http://www.keiminami.jp/biography/report001.html
 

大阪のクリエイティブネットワーク、
メビック扇町の「クリエイティブクラスター」に登録掲載されました。

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

 
当事務所のブレーンや横のつながりの素です。
見方や状況が多様化している中、各々の専門分野でたけていても、そのほかのデザインと呼応しなければ、そのデザインは機能しない時代になってきました。
そんな時代だからこそ、横のつながりが大切な気がしています。
http://www.mebic.com/cluster/kei-minami-architects.html