建築家の自邸

HOME

向こう30年も鮮度のある建築

わたしたちがつくりたいのは、新奇性や話題性だけのものでも、
単なるハコモノでもありません。
理想を後回しにしない日常に寄り添った建築です。

人が大切にしていること。それが日常に醸し出すように。
それを大切に設計する。

素直、普通、平凡を恐れない。
無難でも、奇抜でもない、等身大のデザイン。
その建築は幸せに一歩近づくきっかけになる。

これまで無意識だったことが心地よく感じるような
普段の生活に新しさが日々加わるように建築があと押しする。

いま、これからを、幸せにする建築を設計する一級建築士事務所です。

初めての建築。
一発勝負の大仕事を任されたあなたへ

設計事務所の進め方やスタンスをお伝えします。

建築。新築、リフォーム、リノベーション。
特に家は一生に一度の買い物(といわれています)。
初めてなのに一発勝負、大仕事。
すべての人には訪れない大勝負。

家を建てるには?いろいろ調べてみたことでしょう。
失敗なんてもってのほか。無駄な費用はかけたくない。だまされたくない。
建築家に頼んだら、好き勝手にされた上に費用は高いんでしょ?
ほら、設計監理料、別途払わなきゃいけないじゃない??

「結局、一つのものしかつくらないから、  徹底的にこだわってみませんか?」

一層のこと専門家に頼もうか。
とお考えいただいているあなたへ。

 
詳しくはこちら

設計者の考え

向こう30年、幸せにする建築を考えています。

日常に寄り添う「住むところ」のリフォーム・リノベーション

戸建住宅から中古マンション、タワーマンションのリノベーション。
住み続けたからこそわかった理想の住まい実現のために。

住み慣れた住まい、長らく住んでいるからこそ出てくる不具合や納得いかなかった部分。
安らぎのための空間がいつしかそれはストレスに。
それを解消したり、
バリアフリーを考えてみたり。全面改装も、部分改装も。
日常に新しさを。進化する住宅に。

蔵書やベランダ問題を住まいの個性にした建築士の自邸

●谷六の家
設計者の自邸:みせる本棚や間接照明で行灯になる障子なる縁側などで解決した住宅
リノベーション(マンション・築30年) SRC造 10階部分 約80㎡

北欧から学ぶ丁寧な暮らしを
リノベーションで実現

●糸屋町の家
タワーマンションのスケルトンリノベーション(築12年) RC造 24階部分 約72㎡

【バリアフリーの新定義】車椅子も使いやすいキッチン・ダイニング

●打出の家
車椅子生活が楽になるための高さや奥行き寸法に配慮し、デザイン性のあるダイニングキッチンを設計しました。
また車椅子で行き来するには狭い廊下も補強など検討して拡張しました。
バリアフリー
リノベーション(築30年) 木造 約7㎡(キッチン廻り)

仕事場から住まいへ
介護生活をデザインした
2世帯住宅

●蒲生の家
ご自身のフォトスタジオから住まいへ。
介護に配慮した2世帯住宅
リノベーション 鉄骨造 3階建て 約150㎡

食をコミュニケーションの
中心にしたDKのデザイン

●#415
ダイニングキッチンが中心、素材にこだわりなど
分譲マンションのあり方を考えた住まい
リノベーション RC造 約62㎡

「これから」をつくるシナベニヤ・DIY仕様の2世帯住宅

●上七軒の家
ライフスタイルの変化に対応した空間づくりを住まい手が楽しみながらDIYできるルールづくりを含んだ実家のリフォーム。
リフォーム(築40年) 木造 2階建て 約90㎡

実家に仕事場がある家

●萱島の家
実家に仕事場を。同居せずに家族と関わる住まい
近接する子世帯の仕事場を介在させ、新たなライフスタイルを構築した減築住宅
リノベーション(築30年) RC造 2階建て(1階部分) 約130㎡

タワーマンション・オーダーバスルームのリノベーション

●糸屋町の家2
タワーマンションの眺望の良いバスルームのリノベーション
タワーマンションの水廻りリノベーション(築15年) RC造 21階部分 約10㎡

tani4_04.jpg 415_06.jpg tn601.jpg myk_05.jpg k7k01_02.jpg

日常に寄り添う「住むところ」の新築

木造・RC造・鉄骨造。子育て世代から2世帯住宅まで。
“理想の理想”ではない、等身大の理想を後回しにしない住宅。

家を建てる。
家族が増えた、終の棲家に、親と住む、土地を分割する…きっかけはさまざま。
個人的なこと、近隣や周辺環境のこと、それらすべてをひっくるめて家を考えなくてはいけません。
向こう30年、自分も他人も大切にする、幸せにする建築を考えます。

2世帯をつなぐエレベーター
のある住まい

●三田の家
生家の建替。これまでの住まい方を踏襲しながら、新たな家族との関係性をつなぐ工夫をした2世帯住宅
新築 木造 2階建て 約220㎡

高松の田園住宅

大家族が公私を分けつつ気配を感じて住まう家

●高松の田園住宅
吹抜空間と川沿いの内と外の開放感が味わえる田園住宅
新築 木造 2階建て 約170㎡

奈良の家

スープの冷めない距離を庭でつながる家

●奈良の家
実家の離れを解体して子世帯が住まう住宅
新築 木造 2階建て 約190㎡

神戸・公園前の2世帯住宅

震災の教訓を活かし強固で開放感を生み出した2世帯住宅

●神戸・公園前の2世帯住宅
公園前の立地を活かした開放的なリビングと素材感を大切にした2世帯の住まい
新築 RC造 3階建て 約310㎡

LとDKの距離をとり広がりを
生んだ15坪の平屋

●松原の家
限られた面積の中に広がりを持たせる工夫を随所に取り入れた住まい
新築 木造 平屋建て 約48㎡

外断熱で環境負荷に
配慮した住宅

●東大阪の家
外断熱を採用した環境共生住宅
新築 木造 2階建て 約140㎡

san12.png nakam_01.jpg kgw_001.jpg nagata_001p.jpg kgw_002.jpg

日常に寄り添う「働くところ・集うところ」

オフィス・ショップ・店舗の新築・インテリアデザイン

寝ている時間を差し引くと、活動している半分は働く時間です。
それは家以外の日常を過ごす場と捉えられるオフィスや働く空間。
日常を彩るために自分磨きやプレゼントを買ったりする店舗空間。
何がその場で大切か。
ビジネスアイディアがあふれ、効果的に活動できる場なのか。
人を呼び寄せる場なのか。
商品を堪能できる居心地のよさなのか。
商品をきっかけにした集う場なのか。
商品を魅力的に見せて購買したときのイメージを彷彿とさせるディスプレイなのか。
どれも日常の中にあるセカンドプレイス。

プロ仕様のリング併設、ライフスタイルの一部として普段使いできるフィットネスジム

●9+/nine plus lab.
西日本初のadidas MARTIAL ARTS公認ジム
リノベーション(商業ビル) S造 4階部分 約180㎡

商品を街に広告する    ショールーム

●上町のショールーム
行き交う人が気にせずにいられないショーウィンドウとなり、大通りの交差点に位置したまちのランドマークとなる
新築 鉄骨造 平屋建て 約65㎡

レトロビルに御堂筋を
取り込んだオフィス

●堂島・御堂筋のオフィス
目下に見える御堂筋を引き込み王道を歩んでいくような
志をかたちにしたオフィスデザイン
リノベーション(築99年) RC造 約93㎡

【会場構成】家以外の親子の居場所

●ぼくのわたしのタイムマシーン!
千里祭り2022の関連イベント。親子で楽しめるデジタルアートとデジタル・タイムカプセルが融合したコンテンツの会場構成。無印良品 トナリエ南千里アネックス店にて。

101.jpg mar006.jpg 9pl_005.jpg cue_06.jpg 104.jpg

よくあるご質問から

家づくりのこと、建築の知識のこと、業務のことなど、これまでにお問い合わせいただいた中から、特に多い項目をご紹介したいと思います。
※その他、ご質問やご相談はこちらより。


 

【二世帯住宅以外の方法】実家に仕事場をつくる

実家との関係。同居はハードルが高いという方に実家に出勤するという提案。
 
詳しくはこちら


 

【実家の土地に家建てる】土地を分ける手続き/分筆

意外と知らない?ひとつの土地にひとつの建物というルール
実家の隣に家を建てることになった場合、分筆作業が必要です。理想の住まいを実現するため、分筆に配慮すべき点を書いています。

 
詳しくはこちら


 

「図解リノベーション大百科」が書籍化されました

数年前に取材を受けて掲載された雑誌の特集を書籍化されたものが出版されました。 住まいの各コンテンツについて、27人の設計者独自のリノベーションのアイディアが散りばめられています。
 
詳しくはこちら


 

地震や台風、震度、耐震補強、耐震等級について

長年住んでいる住まい。地震や強風で建物がきしんだり、揺れたりしたときに「大丈夫か!?」と思うことありますよね。そろそろリフォームするかと考えたときに同時に考えるのが耐震補強。その法的なことや考える手がかりをお伝えします。
 
詳しくはこちら


 

仕上材や住設機器の選び方

無垢材だからいい、新建材は悪、というわけではありません。
自分でメンテナンスできることが住まいを考える上で重要です。素材や機器の選定とプランニング。そして、これから先にリフォームに携わる後生の設計者に引き継ぐ設計意図。
 
詳しくはこちら

KEI MINAMI / MUNI ARCHITECTS(ケイミナミアーキテクツ/無二建築設計事務所)は
大阪を拠点とする建築設計事務所です。

2世帯住宅やバリアフリー住宅などを含む注文住宅をはじめ、ショールーム・オフィス・店舗の
新築、リフォーム・リノベーションのデザインから設計・監理を
大阪・兵庫・京都を中心に活動しています。

Tel : 06-7165-9331
mail : info@keiminami.jp

Outline

屋号

KEI MINAMI
/ MUNI ARCHITECTS
ケイミナミアーキテクツ
/無二建築設計事務所 
一級建築士事務所

所在地

大阪市中央区北浜東1-29
北浜ビル2号館9階
ケイミナミアーキテクツ

代表

南 啓史

事務所登録

一級建築士事務所